収益性の評価方法

| 未分類 |

投資をするのなら収益性が高いものを選ぶべきでしょう。では、その評価方法はどのようなものがあるのでしょうか。もっとも基本的なものが利回りです。利回りとは、投資した資金に対する年金の利益の割合を指します。例えば、100万円を投資して、そして毎年2万円の利益を得られるのなら、利回りは2%となるのです。この利益についてですが、それぞれの投資対象が生み出すものを考える場合と、税金を差し引いて考えるときとで数値は異なります。
リスクあたりの利回りも評価の方法として用いられます。リスクとして何をとるのかによって大きな違いはあるのですが、多くの場合には価格変動の標準偏差を用います。利回りを標準偏差で割って計算をします。単に利回りを比較すればハイリスクハイリターンの商品が良いとなってしまいますが、リスク当たりの利回りを計算することによってリスクの高すぎるものを排除することができます。
レバレッジをかけるときには、それ自身の利回りなのか投資としての利回りなのかを区別することが必要です。レバレッジをかければもちろん利回りも大きくなりますし、その分リスクも大きくなると言う点には注意しておかなければならないでしょう。