目的と計画を建てる事の重要性

| 未分類 |

資産運用をするときには、目的によって投資するべきものが異なってくると言う点に注意をしなければなりません。例えば、長期的な資産形成をしようと思っているのなら、株式や債券などが基本的な対象となりますし、できるだけ分散をする事が必要とされいます。短期的に儲けようと思うのなら、レバレッジの高いものに投資をするのが基本的な方法です。

 
それとともに計画もきちんと立てなければなりません。最も重要な事はいつ回収するのかです。老後の資金形成なら30年後くらいになることもあるでしょう。そこまで長期の場合には、1年ごとに見直すくらいでも十分です。しかし、例えば5年後に資金を必要とするのなら、あまり大きなリスクをとることができませんから、例えば債券を中心とした投資が適していると考えられます。もっと短期になるのであれば、できることならMMFなどを中心として投資をすることになるというように、期間で選び方が変わるのです。

 
何のために投資をするのかと、いつまでに資金が必要なのかによって、投資のスタンスは異なっていますし、商品の選び方も異なります。まず個別の商品の選び方や、あるいは取り引きをするための技術よりも、こちらの方が重要だと考えられるのです。