金融商品を知るための基準とは

| 未分類 |

 

金融商品というと、今では様々なものを上げることができると思います。昔は、預貯金と株式投資くらいしかなく、株の売買の方は、とっても一般市民には手が出せませんでした。購入するにしてもかなり高額な資金が求められました。まして、先物商品は一部のプロくらいしか手は出せませんでした。

 

 

しかし、今は、預貯金はもちろんですが、株取引は、単元未満株、ミニ株、一口株などと称して、それこそ数百円あればできる時代です。先物商品もかなり身近になっています。名前や形は変わってもやっていることは同じというわけですね。そうした中で、いわゆる流動性、安全性、収益性などはかなり異なってきています。それでかなり身近になったとはいえ、やはり金融資産というものは注意深さと正しい知識が必要ですね。お金を投資する方の状況にもよると思いますが、預貯金はその収益性はそれほど高くありませんね。

 

 

でも、安全というという点では高いと言えます。何といっても、ほとんど元本保証ですから。

 

 

しかし、先物投資などは、利益は大きいかもしれませんが、リスクはかなりあります。それで多くは、妥当なところとして、株式運用に収まるようです。もちろん、株が身近になったからといって、リスクがまったくないわけではありません。なにしろ元本保証はまずないからです。いずれにしても、正確な知識、十分な経験と判断力を得ることは必須条件と言えます。資産の運用を考えている方は、まずは勉強と言えるのではないでしょうか。以前読んだお金持ちに関する本にも、お金持ちは常に金融関係の勉強を怠らないと書いてありました。お金持ちでさえそうなのですから。