安全性の評価方法

| 未分類 |

金融商品を購入して、投資をするのでしたらしっかりと安全性を評価しなければなりません。

 

 

一番わかりやすいのは元本が保証されている点でしょう。
金融商品でも、株式などであれば元本は保証されません。
普通に、元本割れがありえますし、そして最悪の場合は企業が倒産すればその値打もゼロになることだってあるのです。

 

 

これに対して、元本が保証されている金融商品というのは、社債や国債などの債権となります。
これらは、元本が保証されておりその上、利率も付されているので収益性もあるのです。
また、仮に債務者である企業が倒産したとしても債権者は法律上保護されていますので、収益を上げることはできなくともある程度の元本は保証されています。

 

金融商品は元本がしっかりと保証されているかどうかで安全かリスクが高いかどうか評価することができるでしょう。
特に、金融知識のあまり無い人は、まずは元本保証がされているかどうか安全な投資の見極め部分であると言っても良いくらいです。
逆に元本が保証されていない金融商品は、最悪の場合元本が割れてしまうという事も覚悟して投資する必要があります。
しっかりと、その金融商品が安全かどうか見極めの方は大事にしましょう。